借り換え先の不動産の売却

借り換え先の不動産の売却

いま住んでいる不動産を売却して新しい不動産を購入するという機会もあるでしょう。
新しい物件を建設中という事もあるかもしれません。
そういった状況でいま住んでいる不動産を売却しようとしますと、
いろいろと不具合が発生してしまう事もあります。
その不具合ですが、新しく住む不動産物件が完成しないうちに、 いま住んでいる不動産物件の売却が決定してしまうという事です。
そうなると一時的に住まいがなくなってしまいます。

上記したような状況を変化させるために重要になるのが、購入者との話し合いです。
少し物件の引き渡しを待ってもらうという事が可能です。
そういった事も実際にできる事ですので、まずは不動産会社に購入者に対して話をしてもらうようにお願いしてみましょう。

 

 

不動産賃貸業の事業分析をしよう

マンション経営やアパート経営といった不動産賃貸業は、商品販売業や飲食店などのサービス業とは違い、流行やブームといった不安定な要素が少ない事業です。そのため、不動産賃貸業の事業分析は非常にしやすいものとなっています。不動産賃貸業の事業分析の指標として代表的なものの一つに正味利回りというものがあります。これは、不動産賃貸業により獲得した賃貸収入から運営に要した経費を控除し、その金額をマンションやアパートの購入金額で割った数値のことです。
例えばこの数値が10%だった場合、不動産賃貸業を10年続ければ投資額を取り戻すことができ、それ以上続ければ儲けを獲得できるということです。
事業を始める際にこの数値を確認しておけば、不動産賃貸業で儲けることができるのかを判断する大きな指標になってくれます。他にも色々な指標があるので調べてみましょう。


町田市のお薦めの葬儀社

Blog

Calendar