不動産を探す際には不動産のプロに頼むのが一番

不動産を探す際には不動産のプロに頼むのが一番

不動産を探す際には不動産のプロに頼むのが一番です。
ネットで情報を見つけたらいくつかの不動産会社に問い合わせをして、情報を入手しておくこと。街の不動産屋さんはそれなりに地元に情報網を持っていますから、ネットに載っていない掘りだし物件も探してくれます。不動産屋さんは資格を持った不動産のプロですから構えずに気軽に相談してみましょう。購入・売却する場合はなおさらで、住宅ローンの情報も教えてくれますし、税金のこともアドバイスしてくれます。売買の手続きから、資金計画などの専門知識が必要な取引のサポートをしてくれますから、彼ら不動産屋さんを利用しない手はありませんね。
自分で調べるのもいいですが、限界がありますから。

 

不動産登記記録の調査について

不動産に関して調査を行う時には、その事項は物理的事項と権利関係に大別することができます。物理的事項は現地調査で確認することができるものですが、その不動産の所有者や、抵当権や借地権などの第三者の権利があるかは現地調査では把握できません。こうした不動産の権利関係については登記所で調査することになります。

不動産の登記記録は、他人が所有する物件であっても、誰でも自由に見たりその交付を受けることができるような一般公開された書類と、権利関係などのほか、不動産の物的な状況についても記し、取引に役立ってくれます。不動産を取得した際に登記を行うことによって、売買契約などの権利変動について、はじめて第三者に対して主張をできる「頭記の対抗力」が生じます。

Blog

Calendar