任意売却と退去について

任意売却と退去について

任意売却をするという事は不動産を手放すという事になります。
住み慣れた家を手放すという事はかなしい事でもありますが、住宅ローンが支払えないのでしたら仕方のない部分です。
任意売却ですが退去する時にちょっとしたメリットもあります。競売の場合は、落札者の都合で退去が決定されてしまいます。ですので、早めに落札者のほうがその不動産を利用したいとなれば、早急に退去しなければいけないわけです。新居も決めなければいけませんので、そう簡単にすぐに退去できるわけでもありませんから、悩んでしまうといういことも実際にあるでしょう。一方で、任意売却ですが、引越し時期の希望を聞いていただけます。ですので、任意売却の場合には新居が決まってからしっかりと手放すことも可能という事です。
任意売却の素晴らしいメリットです。

 

任意売却と不動産競売どちらがメリットがあるか

任意売却と不動産競売どちらがメリットがあるかと言えば任意売却ではないでしょうか。
というのも任意売却のほうが、家が高く売れる可能性が高いからです。それとともにプライバシー、というよりプライドもある程度守られますから任意売却を行う方にとってはメリットが多いです。一方競売はデメリットが多いでしょう。まず家が任意売却したときより安く買いたたかれる可能性が高いです。それとともに競売情報が公開されます。つまりはまだ家に住んでいながら、競売にかけられた家に住んでいることがわかってしまうわけです。個人情報は公開されないのですが、競売にかけられていることがわかるため、近所の方はわかりますし、そこから噂は独り歩きしていきますから、プライドも守られませんね。

 

Blog

Calendar