競売決定通知書が届いてからの任意売却

競売決定通知書が届いてからの任意売却

住宅ローンの滞納等が続いて競売決定通知書が届いてからでも、任意売却は可能なのかどうか、気になることもあるかもしれません。
結論からいうと競売決定通知書が届いてからでも、債権者の合意をえることができた場合、任意売却が可能といわれています。任意売却についての合意が得られるにせよ、時間的な余裕はあまりありません。競売が申し立てられた場合、費用と時間がかけられていますから、即座に応じられるかどうかはわかりません。
また任意売却が競売と違うのは、債権者との交渉で引越代等が売却後の金からだしてもらえる可能性が交渉者しだいでありうる、より高く売れるため残債務をより多く減らせるとよくいわれている点でしょう。
任意売却物件が市場で売れなかった場合は、競売に移行することになりますが、仲介者によっては価格が不明ながら買取可能な場合もあるので予めよく調べておくポイントでしょう。

 

任意売却の流れについて

住宅ローンの返済を停滞してしまっている場合、その住宅が競売にかけられてしまう可能性が高いです。競売にかけられると、住宅は安値で売却され、債務者は多くの残債務に追われ、さらに返済がきつくなってしまうことも多いです。そのようなことを防ぐために、任意売却というものがあります。
任意売却は、債務者が任意で住宅を売却することで、通常の不動産売買と同じように、相場より少し低めの値段ですが、競売よりも高く住宅を売却することができます。任意売却をする場合、煩わしいのはやはり売却までの流れです。例えばその住宅の購入を検討されている方が、内見したいといえば、家を内見させなければなりません。任意売却にも、このようなデメリットは存在しますが、それでも競売よりも任意売却のほうがメリットは多いのです。

-->

Blog

Calendar