任意売却物件、購入の前に

任意売却物件、購入の前に

任意売却物件という言葉に聞き慣れない人が多いと思います。
任意売却物件とは、主に金銭的な事情により手放された物件のことを言います。中古物件をお探しの際、この「任意売却物件」を紹介されたら気をつけてみるポイントがあります。まず、きちんと物件の詳細情報が手に入るかどうか、そして、物件自体の管理が行き届いているかどうかを見ます。
これらはあくまで主観ですが、許容範囲内であるかどうか確認しましょう。特に、修繕に関しては、前所有者がどのように物件を扱ってきたかによってどのぐらいの規模になるか異なるので、事前に把握して納得できればよいでしょう。
また、任意売却物件は同地域の相場よりも割安であることがメリットです。しかし任意売却物件は、現況での引き渡しとなることが多いので、リフォームの必要があるケースが多く、前所有者の引越し代金の負担なども売買代金に含まれていることが多いでその代金が妥当かどうか見極める必要があります。

 

債務者主導で任意売却を進めるために

住宅ローンの滞納が続くと、債権者側から任意売却を促す書類が届く場合があります。この際、債務者がアクションを起こして自分で任意売却会社を選ぶことが今後の交渉や調整を有利に進めるポイントとなります。
この際、安心感のある大手の不動産会社や付き合いのある不動産会社を選ばれることが多いですが、任意売却に不慣れであればスムーズに交渉は進まない可能性があります。
また、法律の専門家として、弁護士や司法書士に手続きを依頼される方も多いですが、相談料がかかるケースが多く、実際の不動産売買については不動産会社が介在することになります。
任意売却に限って言えば任意売却専門会社に相談されるのが一番近道と言えます。
一番大事なことは、債務者自身の希望にどれだけ沿える結果が得られるかということで、そのためには任意売却の交渉に長けたスペシャリストの存在が不可欠なのです。

 

Blog

Calendar